img_EngineerDiary_01

皆さんはじめまして。
エンジニア日記4月を担当することになりましたSSと申します。

ニックネームを考えたのですが、スベリそうなのでイニシャルにしました。
事業部内で担当として推薦していただけたようで、ありがたい限りです。
精一杯頑張ります。

さて、
第一回目は【自己紹介・仕事内容】となりますので、
どうぞよろしくお願いします。


・自己紹介
名前:SS
年齢:28歳
性別:男
出身:秋田県
入社:2019年9月
所属:神奈川事業部


簡単な私の経歴ですが、新卒で入った飲食を退社後、
派遣で携帯電話の販売に関する仕事を経て今に至ります。

IT業界へ飛び込んだ理由はいろいろありますが、
一番大きな理由は「成長を感じたかったから」ですね。

今まで経験した業界とは全く違った範囲を扱っているので、
知らないことがどんどん出てきますが、調べたり勉強したりするうちに
少しずつ理解できるようになってきているのが実感できて非常に充実しています。

資格も豊富にある業界なので、
自分が何をどこまでわかっているかを定量的に測ることもしやすいのかなと思います。
レベル上げにハマれる人にはちょうどいいかもしれないですね。

資格試験に合格したら「SSはかしこさが1あがった!」とか言ってはしゃいでます笑


・仕事内容
常駐先でサーバーやネットワークの監視業務に従事しています。
機器や回線、プログラム等に異常がないかを常時チェックするような仕事ですね。

異常がないかを定期的に確認して、あった場合にはその異常に応じた対応を適宜実施していきます。
報告を上げたりリカバリ作業を実施したりといった対応です。

また、定期的に計画されている作業の実施もあり、
こちらは手順書やチェックリストに従って操作を進めていくような仕事です。

監視業務はインフラ領域の入り口とも言える業務なので、
難度の高い仕事というわけではないのですが、障害や問い合わせへの対応、
使用するツールなどのクオリティを高めたいと考えた場合にはハードルがぐんと上がるような仕事です。

その分、自分の知らないことや知っていなければならないことが明らかになるので、
知ろうとした分だけ自分の力になっていくのかなと感じています。

検知したメッセージはどんな機器のどんな機能に関わっているのか、
何が起因になって検知されたメッセージなのかといったことを資料を漁りながら調べていくと、
システム全体に対しての理解が深まって次回以降の対応などに活かせるようになっていきます。

監視業務は、何も起きなければ平和な仕事ですが、障害が起きた際には非常にあわただしくなります。
画面いっぱいにメッセージが出力されたときには正直冷や汗をかきますね笑

一つ一つ対応していかなければならないのもありますし、
対応が遅れてしまうとその後の復旧も連鎖的に遅れていってしまうので、
なるべく急いでかつ、ミスのないように対応していかなければならないのでヒヤヒヤします。

焦ったり慌てたりせずに対応できるようになるには、
もっと経験を積まなければいけないかもしれませんね・・・・・・

まだまだ自分自身足りない部分が多いので精進しなければと思っています。
頑張った分だけわかることが増えていくのは楽しいですからね!


なんだか冗長になってしまった感じは否めませんが、1週目はここまでにします!
来週は【IT業界・CLINKSに興味をもったきっかけ】になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
来週もよろしくお願いいたします。